水のトラブルを解決し続ける指定業者の需要はもっと増える

水のトラブルを解決し続ける指定業者の需要はもっと増える 改正水道法が成立しいよいよ水道事業民営化が身近に迫っています。自治体によって民営化に移行するかどうか選択は異なってきますが、ライフラインの一つである水に関することであるため国民の関心は極めて高いです。水道インフラの大きな課題である老朽化を効率よく解決につなげられることを期待してのこの法案ですが、さまざまな意見がありどうなるか予測がつかないというのが現状です。
自治体管理のインフラ部分の老朽化が問題であると同時に各住宅や建造物内の水道設備に至っても老朽化の問題は少なくありません。いわゆる水のトラブルが多くなってきています。そのため水のトラブルを解決する業者への需要がどんどん高まってきています。水のトラブルにはさまざまなものがありその予防策や対処策がそれぞれにあります。

■変わる水道料金

水道の運営が民営化されると真っ先に考えられるのが水道料金の変更です。国民にとって不安なのが値上がりです。企業は利益を出すことを前提としていますのでそれに伴う料金の値上げが懸念されます。
しかし、現状の自治体運営のほうがコストが高くつき、そのため料金が高くなっている可能性もあります。民間企業は利益を生むためにさまざまな効率化を図りコストダウンにつなげていきます。そうすることで、現状の自治体運営よりも低コストになる可能性もあります。コストを削減することができると料金が下がる可能性があります。
このように国民にとって水道料金がどう変化するかは予想ができないのが現状です。

■老朽化対策
古い水道インフラだと50年以上というものもあります。高度経済成長期に日本はインフラを含めたくさんのものが整備されました。現在、それらインフラの老朽化が問題になっています。水道もその一つです。
古い水道管に亀裂が入りそこから水が噴き出すというニュースを目にすることが増えてきています。正に、水道管の老朽化があらわてきた証拠です。このまま自治体だけで老朽化対策をするのが良いのか、それとも民営化して一企業に託したほうが良いのか選択が迫られます。
民間感覚をしっかり取り入れ水道局自体で収益を上げられているところは民営化をする必要はないでしょうが、老朽化対策どころか運営そのものでさえ赤字のとことは民営化に託すほうが良いかもしれません。
いずれにせよ、どちらかを選択できるようになったことは大きな変革です。官民のどちらに選択するにせよしっかりとした検証をもって決定してほしいものです。

水のトラブル解決業者の今後

現在、水道工事業者は水道局指定業者が大きな働きを担い、信頼を構築してきました。改正水道法によって今後、相当数の自治体が水道事業を民営化することが予想されます。そうなると益々水道工事業者の役割が増えるとともに重要になってくるかもしれません。今まで以上に安心安全な工事が求められるからです。
水道局指定工事業者と民営化された水道業者とのスムーズな連携も課題になります。民営化によって水道業を行う企業も安全面だけでなく品質やコストの面からも、以前から信頼のある指定業者への発注に限定することは想像に難くありません。

■まとめ
水道法が改定され、民営化への移行が予想される中、水道インフラや建造物内水道設備の老朽化問題が大きな課題です。それに伴い民営化によって水道料金の変更はあるでしょうが、水という生命にとって最も重要なライフラインであるが故、安心安全への担保が一番求められます。
そのような状況下で、水のトラブル解決を一手に引き受けている水道局指定工事業者への需要はますます増えると予想されます。それは民営化された水道業者にせよ水道を利用する国民にせよ、安心安全を担保できるのは今まで信頼を築いてきた指定業者を選択するのに他ならないからです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース