住宅設備における水のトラブル

水のトラブルで頻繁にあるのが水回り設備のトラブルです。キッチンをはじめトイレやお風呂、給湯器などがあります。
それぞれの設備の経年劣化によるものが多いですが、修理と同時に新規入れ替えも検討されます。最新の設備に入れ替えるにはそれなりのコストがかかりますが、既存のものに比べ最先端機能が充実していてコスト以上の満足感を得られることもあります。給湯器などはエネルギー効率が上がり以前のものより経済的になっています。
修理はもちろんのこと新しい設備を入れる際は、水道工事が同時に伴うので水道局指定業者へ工事を依頼するようにしましょう。指定業者以外へ依頼すると、その業者が施工した設備の使用が禁止になる恐れがありますので業者選びは気をつけましょう。

■キッチンの工事

キッチンでの水のトラブルで多いのは、蛇口付近からの水漏れです。蛇口 交換をすることが多いのもそのためです。回すタイプの古い蛇口からレバータイプに変えたり、お湯とお水の二つに分かれているタイプを混合栓のものに蛇口 交換したりします。
思い切ってキッチン全部を交換する工事も多いです。システムキッチンの導入です。蛇口がシャワーヘッドになり伸び縮みするものもあります。また、コンロも様々なものが選べます。IHのコンロかガスのコンロか迷うところです。食器洗浄器がビルトインタイプのものも人気があります。機能、デザイン、値段、さまざまな要素の組み合わせから希望にあったものが選べます。
システムキッチンの工事でも水道局指定業者以外は避けましょう。キッチンの水道工事ではさほど困難な技術が必要ではないでしょうが水漏れが起きても気がつきにくいので後悔しないためにも安心できる業者へ工事をしてもらいましょう。

■トイレ工事

トイレの水のトラブルにおいても修理ではなく、トイレそのものの交換が多く行われています。過去よりも廉価になっていることもありますが、ウォシュレットをはじめ様々な最新機能や便器の新素材が消費者の心をくすぐっています。
便器のふたが人を感知して自動で上がるものや自浄機能など細かい配慮のされた機能が満載です。匂い対策においても汚れがつきにくい加工がされている便器や抗菌処理をされているものなどもあります。また、以前の便器に比べ水の使用量がかなり少なくなりとてもエコになっています。ウォシュレット自体も洗浄水の温度、勢い、リズムを自分の好みに変えられます。
このように現在のトイレにおいては様々な選択肢があり新しい便器の設置はとても楽しいですが、工事においては業者選択を間違いないようにしたいものです。なぜならトイレでの水のトラブルは不便をもたらすからです。トラブル対処中はトイレの使用ができない場合もあります。短い時間であっても使えないと分かると不安になるものです。近くに使えるトイレがあればいいですが遠くまで行かないとダメな時はかなり不便です。そんなトラブルが後々に起きないようにトイレ工事も水道局指定業者に頼みましょう。

■まとめ
住宅設備における水のトラブルは、さまざまなものがあります。単に蛇口 交換で済むものから設備の入れ替えまで多岐にわたります。小さな工事であっても大掛かりな工事であっても業者選択を間違ってはあとで後悔することになりかねません。水回りの工事は必ず水道局指定工事業者へ依頼しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ